キューブスタイルロゴ

ユニットハウス・プレハブの製造・販売・企画・OEMならキューブスタイル(Cubestyle)

ユニットイメージ

キューブスタイルとは

工場で部材(ユニット)を造り、現場にて組み立てる「プレファブリケーション」という建築手法によって、大量生産では成し得ない、建築の既成概念を超えた空間。

キューブスタイルでは、人々の暮らしや仕事の空間をコンパクトにまとめた建築空間の提供を様々な角度から検証し、組立や移設に適したキューブ型の構造を必要な数だけ提供し、増設や切り離しを容易にしながら、機能性とデザイン性を両立させたユニットハウスを提供します。

 

箱形の鉄骨フレームを基本構造として建築物の移設・再利用も可能ですが、あわせて、積み木を組みかえるように横にも縦にも利用空間を広げることができ、移動することもできます。

また、簡易なリペアーによって容易に再生できる耐久性を保持し、またユニットを再利用することにより撤去時や、改築時にも従来に比べて廃棄物を軽減に貢献。

建材や部材を自由に選択することができることができることで、好みの家具を選ぶこともでき、観られることを意識した美しい感性と使う人の感性をオープンにします。

▼キューブスタイルとは

キューブスタイルとは

工場生産

会社概要

東急ハンズ×キューブスタイル

HANDS WORK BOOTH

HANDS

WORK

BOOTH

詳しく

キューブスタイルとは

オーダーメイドでの製作が可能

工場生産で現地施工が早い

イメージバナー イメージバナー

工場生産が基本で、仮設利用の場合は現地では置くだけで基礎なしでも利用できます。しかし完成品を運搬…

基本的に内装、電気配線は標準装備であり、ユーザーの希望に則した改造が可能で、ハウスの寸法、間取…

代表取締役社長 挨拶

「ユニットハウスを通して、お客様に感動を届ける」これが我が社の企業理念です。

 

弊社は店舗・倉庫・ガレージ・住居等のユニットハウスの製造・販売・レンタルを事業として、株式会社 アラヰから製造・販売を引継ぎ平成20年に創業致しました。静岡県御殿場市という日本の真ん中という立地を活かして、全国に輸送・設置できる体制を整えました。

 

ユニットハウスとはプレハブ工法により製造された店舗・住居などをいいます。プレハブ工法とはあらかじめ部材を工場で生産・加工し、建築現場で加工を行わず組み立てる建築工法です。工場での品質管理のもとで部材を生産するため、品質が一定で、高い精度を確保できる点が特徴です。また、建築現場での作業が軽減され、工期が短縮される点も特徴の一つです。

 

これまで培った技術とお客様の思いを形にするノウハウを最大限に活用し、お客様にとってより豊かで快適、そして便利で楽しい店舗・住環境の提供を全社員一丸となって進めてまいります。

今後ともご支援・ご活用を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社キューブスタイル 代表取締役

山本 一美

トップページに戻る

キューブスタイルとは

製品

シリーズ

シリーズ別-施工事例

案件別-施工事例